CMS探しで お困りでは ありませんか?

CMSを導入することで、サイトの更新作業が容易となるので、リアルタイムでの新鮮な情報の提供が可能となります。

今更聞けないCMSについての知識や、気をつけなければいけない点をこのサイトにてご紹介いたします。

さあ、あなたの会社のサイトに適切なCMSを導入するために、快適な運用で、より一層Webサイトの価値を高めるために、CMSを導入してみましょう。

CMSでこんなお悩み
ありませんか?

CMSを導入してみたいけど…
どういうポイントで CMSを選べばいいか 分からない。CMSを導入するとき ってどんな手順で すすめればいいん だろう?
CMSを導入したけどイマイチ…
CMSを導入したけど 思ったより負担が 減らない…CMSの費用対効果を 詳しく知りたい。

在宅ワークをCMS導入で快適にできますか?

CMSでテレワークにも対応したい
テレワーク環境でも CMSを使えば 簡単に更新できる?もしテンプレートがあれば 自分ひとりでもページを更新 できるかな

目的に合ったCMSを
導入するためには?

CMSは汎用的なものから、特定の目的やWebサイトの種類に特化したものまで様々です。
そのため製品を選択する際には、まず目的やWebサイトで実現したいこと、
コストやスケジュール、将来的な可能性をある程度明確化すること
が重要です。

特性を理解しないままに安易に導入してしまうと運用者の負担が大きくなり、
かえってコストがかかってしまう場合があります。

このサイトではCMSを導入検討前に必要な知識をご紹介いたします。
快適なCMS環境を手にいれるために、
ぜひこのサイトで学んでいただければと思います。

01 多様化するCMS

国内だけでも、主要CMSの数は20以上あり、規模や特色なども様々です。
サイトの特色や、マーケティング戦略までを見据えたCMSが数多く存在しています。

  • Adobe Experience Manager
  • ALAYA
  • Drupal
  • HeartCore
  • Movable Type
  • NOREN
  • PowerCMS
  • sitecore
  • WebRelease
  • WordPress
    • CMS名称はアルファベット順にて記載
  • CMS名称はアルファベット順にて記載

Webサイトに求められるニーズの複雑化に伴い、さまざまな種類のCMSがリリースされています。
目的や規模感、運用を見据えたCMS選定を行うことが、成功の鍵となります。

02 CMSを選ぶ際の準備

何を基準にCMSを選べばいいか迷ってしまう…そんな声をよく聞きます。
混同されがちですが、CMSを導入すること自体が目的ではなく、
最終的に“良いWebサイトを運営できる”環境を用意するための「はじめの第一歩」として、
CMSを選ぶと考えてください。

あなたの会社にとって最適なCMSは、
“様々な条件をクリアし、あなたの会社の要望を叶えることができるCMS”です。

CMSの選定をする前に
準備すること

そもそもCMSを選ぶとき、どういうポイントを押さえればいいのだろう?

まず、CMS導入の目的や、ゴール・規模などの条件を明確にしましょう。
それに沿った機能を備えているCMSを選定することが大切になります

CHECK
  • ゴールや規模などの条件を明確にしてみましょう。
  • ノートなどに条件や要望などをすべて書き出し、担当者で共有しましょう。

【 CMS導入事前準備チェックシートサンプル 】

CMS導入事前チェックシート
サイトの種類
  • コーポレートサイト
  • ECサイト
  • プロダクト
  • キャンペーン
  • 官公庁・自治体
  • 教育機関
  • ブログ
  • イントラサイト
CHECK

CMSの選定の際、まずカテゴリとして商用か、オープンソースかの違いがあります。
商用にもオープンソースにも一長一短があり、構築するサイトによって商用が向いているかオープンソースが向いているかを選ぶことになります。

コストを抑えたくても、オープンソースCMSにほしい機能がなかったり、逆に高いコストで商用CMSを導入しても使いこなせず機能を生かしきれない場合もあります。
そのため、自社の運用に沿ったCMSの機能を明確にすることが大切です。

商用とオープンソースの違い
商用CMSの
特徴
  • ライセンス費用がかかる。
  • ほとんどの製品で、メーカーや販売会社のサポートがある。
  • ソースコードは非公開の場合が多い。
  • CMSの開発・販売だけでなくWEBサイト自体の構築も提供している場合がある。
サイトの規模
  • ~500P
  • 501P~1000P
  • 1001P~3000P
  • 3001P~
ドメイン数
  • 1ドメイン
  • ドメイン数
  • 6~10ドメイン
  • 11ドメイン~
  • 無制限
CMS導入事前
チェックシート(無料)
  • チェックシートはCMS導入時の検討の参考としてお使いください。再配布などは禁止させていただきます。
  • フォームより「CMS導入時条件項目サンプルシートを送付(無料)」にチェックを入れて、必須項目に記入の上送信してください。

03 CMSの特徴

CMSの種類や特性を理解し、貴社のサイトに
フィットするCMSを選びましょう。
洗い出した条件をすべて満たしているかを隅々まで確認することが大切です。

  • NOREN

    国内トップクラスの大手企業や官公庁への導入実績を誇るCMSです。さまざまな組織体制にもきちんと最適化した導入支援を実現しており、導入後の運用体制を社内で確立できます。導入から運用まで非常に手厚いサポート体制が整っているのが特徴です。

  • HeartCore

    Webマーケティングや業務システムとの連携により、精度の高いデジタル戦略立案が可能なCMSです。CMSの完成度が高い上に、カスタマイズやサービス連携をしやすいシステム設計になっており、さまざまな目的に沿ったサイト構築に対応できます。

  • WebRelease

    国産の静的・商用CMSです。パッケージタイプなので手軽にインストールができ、テンプレートの実装手法で多様な機能を実現することができます。サイトのデザインとコンテンツ管理が分離しているので、CMSサーバーが万が一ダウンしても、Webサーバーには影響がありません。

  • WordPress

    無料で使えて拡張性が高いことから全世界で圧倒的シェア1位を誇るオープンソースのCMSです。デザインテンプレートとプラグインが豊富に揃っています。UIの操作は簡単で、初心者でもWebサイトを作成できるのが特徴です。カスタマイズにはPHPなどの知識が必要となります。

  • Movable Type

    商用パッケージ型CMSとして国内での導入実績が多い老舗のCMSです。クラウド版、ソフトウェア版、AMI版など製品ラインナップが豊富で、開発規模に応じたプランを選べる点が魅力です。管理画面の使いやすさには定評があり、スマートフォンからのアクセスも考慮して設計されています。

  • ALAYA

    多くの官公庁や自治体・大手企業で導入されており、「アクセシビリティ対応」「コンプライアンス」「情報セキュリティへの配慮」という3つのアプローチによりサイトの品質を支え、運営を強力にサポートするCMSです。

上記の表で挙げている項目がすべてというわけではなく、また構築期間などはサイトの規模や静的・動的なページの分量によっても異なってきます。

04 CMS導入のフローについて

CMS導入・
運用について

CMS導入する際のフローは、通常のWebサイト構築とは導入・制作フローに異なる部分があります。

導入・構築段階で❶CMS(システム等)❷要件運用ルールの明確化❸テンプレート化するページの決定/設計

上記に関しての検討が必要となります。初期段階で要件をしっかり詰めることが重要となります。

CMS導入のフローについて
POINT

上記のフローをみてもらうとわかるように、制作・組み込み時にCMSを運用した際の細かな設定が必要となります。

制作に手間はかかりますが、ここの作業をしっかりやっていくことが、コストの省略化、品質の良さを保つキーポイントとなります。

環境や背景、諸条件などで最適なCMSは変わってきます。
サイトリリース後の運用を見据えてしっかりと設計に組み込むことが大事です。

05 CMS導入の費用対効果

CMS導入には初期費用と運用コストを考慮しておく必要があります。
しかし、それらの費用が生み出す効果はかかるコストよりはるかに有益なものです。

効果を明確化したら、それぞれで得られるコスト削減、アクセス数・UU数の向上、それによる商品やサービスの 売上げ向上の目標をできるだけ数値化します。ブランディング等数値化が難しい場合は、自社の重要度に合わせて判断します。
重要度/数値のマトリクスを作成し、その合算値で効果を算出するのがベストです。

この合算値とCMS導入コストを比較して導入のメリットが大きいと判断される場合に、
それは初めて「費用対効果の高い」CMS導入と言えます。

CMS導入の費用対効果

予算やCMS導入する際のリスクなどはのちに大きな問題となることがあります。
自社のサイトの目的に沿った機能がわからない時はプロの力を借りるのも手です。

CMSの導入ををお考えなら…

アイアクトはご要望範囲に応じて 課題抽出・要件定義などの上流工程から 課題抽出・要件定義などの 上流工程から CMS設計・構築、運用保守まで サポートいたします。

CMSの導入を専門とし、数々のサイトの構築実績がございます。

事例紹介 スムーズにCMSの
バージョンアップを進行し、
サイト運用を円滑に。

事例紹介

CMSのメジャーバージョンアップとWebおよびCMSサーバのクラウド環境への移設を、移行リスクと負荷を最小限に抑えて迅速に実現!

クライアントの運用の状況と移行リスクを加味しつつ、できるだけ移行負荷が少ないようスケジューリング。コスト面でもコンテンツ更新の作業にも重複が発生する並行稼動期間を最小限に抑えられるよう工夫を凝らし、効率的な移行を実現しました。

詳細を読む

事例紹介 CMSのスキルと
運用経験を兼ね備えた
専門チームを編成

事例紹介

省庁からの多岐にわたる情報を幅広いステークホルダーへ届けるためのWebサイトを運用スキームで実現

有事の際の緊急対応を含んだ、柔軟な運用体制の構築が必要なため、CMSでのサイト運用に精通したスタッフ3名を常駐派遣。さらに、大型サイト運用経験豊富なディレクター、CMSディレクター、更新スタッフを適宜配置し、文部科学省様と密に連絡をとりながら安定した運用を行っております。

詳細を読む

アイアクトはご要望範囲に応じて課題抽出・要件定義などの上流工程から
CMS設計・構築、運用保守までサポートいたします。

CMS導入のエキスパート アイアクトの
チカラ

  • 安定運用に向けた支援

    CMS導入のスペシャリスト。
    弊社の誇るディレクター陣が運用の問題を解決いたします。

    具体的な要望を整理した上で要件に合ったWebサイトを実現するとともに、様々なCMSでのWebサイト構築・運用の実績からCMSをご提案、お客様の気づいていない新たな課題発掘・解決支援をいたします。

    登録者・承認者・管理者など役割に応じた運用マニュアル作成やレクチャーを実施しています。

    また導入後の追加・改修作業についても随時ご相談が可能です。

  • 運用を見据えた設計や構築

    CMS導入に精通したエンジニアが
    貴社の条件にあったシステムをご提案いたします。

    中~大規模サイトに対応した様々なCMSでのWebサイト制作実績がございます。数千~数万規模のコンテンツ移行も経験豊富なエンジニアが担当いたします。

    承認フローや公開フローを考慮した設計をおこなうことにより、導入後のスムーズな運用を実施することが可能です。

    大規模サイト構築・運用を中心に培ったノウハウでクライアント様の課題に合わせお応えいたします。

CMSに関するさまざまな課題をまずはお気軽にご相談ください。 御社にあった、
最適なCMSをご提案いたします。

課題抽出から、CMSサイト構築まで。
20年の実績を活かし幅広く支援いたします。

CMS比較.comの運営会社である(株)アイアクトでは、CMS導入について直接アドバイスを受けたい、相談をしたいというお客様のためにCMS導入支援サービスを行っています。

またCMS製品の幅広い知識だけでなく、Web制作会社として培ってきた構築のノウハウを元に幅広いWebソリューションの提案が可能です。

CMS導入についてお困りでしたらぜひご相談ください
株式会社
アイアクト

当社は23年に渡って企業のサイト制作・リニューアル改善・マーケティング支援を行ってきたアイアクトがプロデュースするホームページ制作・マーケティング支援サービスサイトです。

長年の経験と知見を活かし、お客様に信頼され続けるパートナーとして事業の成長をご支援いたします。

設立 1999年6月(創業1992年7月)
資本金 1,900万円
代表者 代表取締役社長 笠井 隆義
事業内容
  1. Webインテグレーション
  2. システムインテグレーション
  3. コンテンツマーケティング&プロモーション
  4. Web戦略立案&コンサルティング
  5. データ&アナリティクス
  6. AI導入支援
  7. AIチャットボットサービス、検索サービス
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア8F
グループ会社 株式会社インフォネット
最近の実績紹介はこちら
【認証】
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)
ISO/IEC 27001:2013(認証登録番号:RB-IS15007)
CMSについて相談する

現在のCMS製品の不満、不足箇所や運用内容、体制をヒアリングさせていただき、課題点を抽出。
次の製品を選定する際の必須条件や、優先順位などをご提案させていただきます。