当サイトはCMS(コンテンツマネジメントシステム)を導入するための比較検討サイトです

文字サイズ

ひかくちゃん

企業のWebマスターのためのCMS比較サイト

My比較リスト

  • CMSを比較
  • CMS基礎知識
  • CMS導入ポイント
  • CMS構築の現場から
  • CMS導入成功事例
  • CMS一覧
  • CMS導入相談窓口

CMS導入ポイント

CMSを導入することで、Webサイト運用にかかるコストを削減でき、大きな業務効率化を図ることが可能です。ただし、特性を理解しないままに安易に導入してしまうと運用者の負担が大きくなり、かえってコストがかかってしまう場合があります。ここではCMSを導入検討前に必要な、最低限の知識をご紹介いたします。

通常のWebサイトとCMSを利用したWebサイトの導入面での違い

CMSを利用したWebサイトを構築する場合に必要となる要素として

1.CMS(システム等)要件
2.運用ルールの明確化

があります。このため導入・構築段階でこれらの項目に関しての検討が必要となり、通常のWebサイト構築とは導入・制作フローが異なる部分があります。

運用面においては、通常制作サイトに比べ、コンテンツ更新機能がついているCMSではコンテンツ追加削除等が容易にできるため、新規にコンテンツを追加するたびにその都度ページ制作(デザイン・コーディング)をする必要がありません。
これにより、運用フェースに入ってからは大きなコストダウンを見込めるのがCMS導入の魅力です。

CMS導入タイミング

1.サイトリニューアルはCMS導入の絶好のタイミング

通常制作をしたサイトは、一般的にCMSに適していない場合があります。
ページ構造やサイト構造を要素に分けてシステム化することで、CMSを導入しやすいサイトとなるので、サイトをリニューアルするタイミングが、CMS導入の絶好の機会になります。

2.段階的にCMSを導入する

すべてのサイトを一度に全てCMS化せず、まずはニュースリリースなど更新頻度が高いコンテンツのみCMS化するのも効率的です。
その後段階的にコンテンツをCMS化することで、早いタイミングから自社でのサイト更新が可能になるだけでなく、使い勝手を確認しながらの開発が可能になります。

CMSのリプレイス

重要なのは課題の洗い出しと目的の明確化

現在利用しているCMSにおいて、

・使い勝手に不満がある
・必要な機能が備わっていない
・維持するのに費用がかかりすぎる

などの問題がある場合、別のCMS製品への置き換えを検討すべきです。
その際に重要なのは、

1.現在のCMSの課題を洗い出すこと
2.次のCMSを利用して実現したいこと(=目的)の明確化

の2点です。
例えば「現在のCMSの課題=管理画面がわかりにくいため、担当者が替わった際の引継ぎに時間がかかる」であれば、よりシンプルで使いやすいCMSをデモサイトなどを見ながら選定することが可能です。
もしも「次のCMSを利用して実現したいこと=HTML5を使ったWebサイトにしてマルチデバイス対応を行いたい」であれば、HTMLに対応した、もしくはマルチデバイス対応が容易なCMSを選ぶことができます。

一見当たり前のように見えますが、様々な製品を見る内に「あれもいいな」「これもいいな」となり本来の目的を見失ってしまうのは、意外とよくあるケースです。

まずは早い段階で課題と目的を洗い出し、製品の評価軸を明確にした上で選定を行いましょう。

CMSの費用対効果

費用対効果の評価方法

CMSを導入する利点はたくさんありますが、そのために必要なコストと、そのコストに見合った効果が本当に得られるのかを検討する必要があります。

一般的に、CMSを導入してWebサイトを構築すると、通常の構築に比べて初期コストが大きくなります。
一方、運用コストは大きく下がることが多いです。
これはアウトソーシングしていた作業を自社で行えることや、更新の度に関連するリンク箇所などを手作業で修正していたものを自動化できることによる効果です。

しかし、CMS導入で得られるメリットは運用コストの削減だけではありません。
自社のビジネスにおける売上げ拡大や、販促効果、スピード感、ガバナンス強化、ブランディング効果など、多岐に渡る導入効果の中から、KPI(業績評価指標)を明確にすることで、はじめて導入の費用対効果を評価することが可能になります。

これを前提として、まずはCMS導入にかかる費用をご紹介します。

1.初期費用
初期費用として「初期手数料」「ライセンス費用」「構築費用」が挙げられます。

1) 初期手数料
CMSを導入するにあたり発生する手数料です。
製品によって費用はまちまちで、特に設定していない製品も存在します。

2) ライセンス費用
CMSを利用するためのライセンス(=権利)の費用です
大抵の製品では、利用できるユーザ数、サーバ数、ドメイン数、ページ数などを設けています。
(例:5ユーザ、1サーバ、ドメインは無制限、など)
もしもこれらの項目に追加が必要な場合は、製品の定める費用をオプションとして支払う必要があります。

3) 構築費用
主に以下の内容が必要です。
・インストール・設定・動作確認などのCMS構築 ・CMS利用のためのサーバー構築(サーバインストール型の場合)
・データベースなどのミドルウェアのインストール・設定・設計
・デザイン、テンプレート開発など画面構築
・製品に足りない機能がある場合はその部分の追加開発
・社内スタッフへの教育が必要な場合は、マニュアルや研修費用

以上を合計した金額が、初期費用となります。

次に運用費用(=ランニングコスト)を見ていきましょう。

2.運用費用
運用費用として、「保守費用」や「サポート費用」、ASP型CMSの「利用費用」が挙げられます。

1) 保守費用
サーバーやWEBサイトの保守にかかる費用です。具体的にはプログラムやシステムなどの障害対応、ネットワーク環境などのインフラ障害の対応、バージョンアップの際に必要な費用です。

2) サポート費用
使用方法が分からない時、なにか誤った作業をして対処方法が分からない時などに、電話やメールでサポートを受けるための費用です。
ライセンス費に含まれている場合、年間での契約が必須の場合など、提供形態は製品によって様々です。

3) 利用費用
ASP型(SaaS型/クラウド型)のCMSでは、月、または年額で定められた料金を支払う必要があります。

以上を合計した金額が、運用費用となります。

次にCMSを導入することで得られる効果と、その評価指標の設定方法をご紹介します。

1.得られる効果

1) 運用コストの削減
今までHTMLの知識がある別の企業に委託していた運用業務を社内で行えるようになるので、外注費用を削減することができます。

2) 人的資源の有効活用
情報をワンソース・マルチユースできたり、細かいリンク設定をする必要がなくなるため、その分の人的資源を別の業務に振り分けることが可能です。

3) 情報発信がスピーディに
社内で運用することで、外部委託と比較して情報発信をスピーディに行うことができます。
これは定常的なニュースリリースだけでなく、IR情報や災害時の情報公開などにも非常に有効です。

4) ガバナンスの強化
どんなに多数の担当者が更新作業を行っても、統一されたフォーマットでWebサイトを管理できるので、デザイン面だけでなく抜け漏れのない情報公開が可能になります。

5) セキュリティの強化
大抵の製品では開発会社が定常的に検証を行い、セキュリティパッチを公開しています。
スクラッチ開発の場合は、これを自社で行わないといけないため、CMSを利用する大きなメリットのひとつと言えます。

6) ブランディング
Webサイトは、ステークホルダーに事業や製品、自社の魅力を伝えるひとつの顔です。
フォーマット化された情報発信、スピーディな広報活動、統一されたデザインなどCMSを利用することでブランディングの効果を見込むことができます。

7) Webサイトの品質向上、顧客満足度の向上
リンク切れや古いページの削除など、管理が自動化できるので、訪問したユーザががっかりしたり、うまく情報を探せずに離脱する可能性を下げることができます。

8) 回遊率や再訪率の向上
ナビゲーションを自動生成できたり、LPO機能を利用することで回遊率や再訪率の向上を見込めます。

上記に挙げたのは主な効果で、それ以外にもマーケティングデータの取得、機関DBとの連携による運用の安定化など事業体によって様々なメリットが見込めます。
ぜひ導入前に自社にとっての効果を明確にして下さい。

効果を明確化したら、それぞれで得られるコスト削減、アクセス数・UU数の向上、それによる商品やサービスの売上げ向上の目標を数値化します。
数値は、CMS製品を使う(と想定できる)期間分、例えば3年分を算出します。
もちろんブランディングなど数値化するのが難しい指標も存在します。それは自社での重要度に合わせて判断して行きます。
重要度/数値のマトリクスを作成し、その合算値で効果を算出するのがベストです。

この合算値とCMS導入コストを比較して導入のメリットが大きいと判断される場合に、
それは初めて「費用対効果の高い」CMS導入と言えます。

運用体制の組み方

基本的なCMSの運用としては、コンテンツを登録して公開するという流れで、それによりページ制作にかかるコストを大幅に低減させることができます。このように、CMSを導入することで期待できる運用面のコスト低減ですが、適切な運用体制を組むことなしにはそのメリットの享受も難しくなります。ここでは効率的な運用を図るためのポイントを紹介します。

運用のポイント
運用フローの定義:誰がどのコンテンツをCMSで更新するのか、誰がどこの承認をするのかといった事柄を定義することで役割や責任が明確にします。そうすることで全体の運用がどのような状態であるのかをいつでも把握できるようになります。

1) 選任チームの結成

選任チームを結成するに当たり、ポイントは二点あります。
一点目がCMSやブログ(個人サイト)に興味を持っている人材をチームに組み込むということです。CMSの運用の中でぶつかる課題や困難を乗り越える際に、それらで培った知識や経験が効果を発揮するからです。
二点目がマーケティング・制作・ITから人を集めたチームを結成することです。そうすることで、各部門間の意見交換や課題抽出などの調整がしやすくなります。そして、コンテンツのパブリッシュまでの流れがスムーズになることが期待できます。

2)制作会社に運用代行

選任チームを結成することはCMS運用に関して有効な施策の一つであることは確かでありますが、とはいえ突然チームを結成することが困難な場合もあるでしょう。
そのような場合、WEB制作会社にCMSを含んだWEBサイト運用を代行してもらうという選択肢も挙げられます。また、初期段階のみ制作会社に運用を代行してもらい、徐々に社内でCMS運用体制を組み、最終的には制作会社から内部体制へ移行するという流れも一つの選択肢でしょう。
運用代行サービスを持つ制作会社は多く存在しておりますので、自社での運用が難しい時のための選択肢として考慮しても良いかも知れません。

3) 運用は改善プロセス

WEBの運用そのものが急激に変化する昨今、日々のCMS運用の中にも多数の改善点が表れるでしょう。適宜、運用フローの軌道を確かめ、テンプレート開発やカスタマイズ機能などを見直せる体制及びスケジュールを保つことが望ましいでしょう。

運用に必要な情報を開発サイドと企業のコンテンツ担当者で共有するために、「運用マニュアル」を開発側に作成してもらうことは重要です。運用マニュアルは、企業のコンテンツ担当者が業務の中で行う作業を細かく定義し、これを見れば新しいCMSであっても業務をこなすことができるというものです。

また、マニュアルだけを用いてトレーニングを行っても実際の運用においては全く異なったシチュエーションに遭遇することもあります。CMS開発サイドと実際的なトレーニングを積むことで、より効率的な運用が実現するでしょう。