AWS最新活用事例

CMS全般 WEBサービス

こんにちは、飯田です。

昨日アマゾン データ サービス ジャパン株式会社主催セミナー「クリエイティブxクラウド・最新テクノロジーが生み出すWeb事例」にいってきました!

そうです、話題のAWSです。

AWSってキーワードとしては有名だけど、料金体系がわかりづらかったり、そもそもなにができるの?というところでもとっつきにくい印象で、今までご縁がありませんでした。
しかしながらWeb業界にいる人間としては、もはや見て見ぬふりはできない存在となってきたAWS、とりあえずまずは知ろう!ということでセミナーに参加してきました。

1.そもそもAWSとは

AWS = Amazon Web Service

アマゾンが提供するクラウドサービスです。単にサーバーを借りるだけでなく、仮想化、ストレージ、DB、ストリーミング、IDE、各種アプリケーションなどWebサイト、Webサービスに関わるインフラを全てAWSで完結できるのが特徴です。

また、使った分だけの従量課金なのでリーズナブルです。

簡単な例で言うと、リリース当初はあまりアクセスがないが、その後のキャンペーンで爆発的なアクセス増加が見込まれるWebサイトを想定すると、開発段階は開発用サーバーを用意し、リリース後は見込まれるアクセスに対応できる高スペックサーバーを当初から用意しないといけないと考えます。しかし、リリース当初は低スペックなサーバーでも対応できるので、その分のギャップは無駄になってしまいます。

これを解消できるのがAWSです。AWSはいつでも簡単にサーバー構成の変更ができるので予期せぬアクセス数の変化にも簡単に対応できます。また、細かい部分ではオートスケーリングが機能としてあるのでサーバー構成を大きく変えないような変化でも自動で追随してくれます。

aws01

2.AWSが活かせるプロジェクト

AWSのメリットをさらっとお話しました。では、実際のプロジェクトではどんなプロジェクトに向いているのでしょうか。

今回のセミナーでは4社のAWSを導入している企業がそれぞれの事例を紹介してくれました。それぞれの事例を簡単にまとめると以下のようなプロジェクトに向いていると言えます。

  • 反応(アクセス数など)が予測しづらい新サービスの開発・運用
  • アクセスの増減が激しいキャンペーン系のサイト
  • アジャイル開発

共通して言えるのは、サーバー運用する中で急なインフラストラクチャの変更の必要性がある、という点です。AWSのコンセプトとしてはインフラに必要な要素はすべてAWS上に用意されており、その利用が瞬時に適用できるということがありますので、この点において柔軟な対応が可能になるのです。

一方でAWSのようなサービスに慣れてしまうと、万が一AWSがなくなってしまったときにその他のサービスに乗り換えることが困難になってしまうという危険性もあります。

こういったリスクも考慮した上でAWSを使うことが重要、ということでした。

3.AWS上のCMS

今回の事例紹介ではAWS上で動くCMSの紹介もありました。

ビジネスアーキテクツ様の「インダストリスタンダード サイトマネージメントサービス」(IS) というサービスです。

http://www.industry-std.com/

今後もこういったクラウド環境で提供されるCMSも増えていくでしょう。

様々な機能がパッケージになっているのではなく、必要な機能だけ使った分だけ課金、、といったCMSが出てくるかもしれませんね。