「Smart Krei」「Qlete」 – CMSとマルチデバイス対応

編集部注目のCMS

Responsive-showcase-present

こんにちは、突然ですが皆さんはどうやってマルチデバイス対応していますか?
携帯電話が情報を得る手段として大きなシェアを占めるようになったため様々なデバイスに対応したWebサイトを考えなくてはならない状況となりました。しかしながら、その実装は簡単な話ではありません。

マルチデバイス対応とは

実際に、Webサイトをマルチデバイスに対応させようと思ったとき、私たちの制作現場では以下の選択肢のいずれかをご提案しています。

  • レスポンシブ・ウェブ・デザイン
  • コンバーター(変換ツール)の導入
  • スマートフォン専用のサイトを作る
  • CMSのテンプレートのひとつとして構築する
  • ネイティブアプリ
  • Webアプリ

また、マルチデバイス対応を考える際には、ユーザーの目的や背景を考慮する必要があります。出すべき情報がPCと携帯電話・タブレットで異なることもありますし、UIもそれに準じたものにしなければいけないなど、単純にPCサイトを他のデバイスで見られるようにするだけでは十分な対応とはいえないでしょう。

CMSとマルチデバイス対応

今回はCMSでマルチデバイスサイトを運用することを考えてみます。
たとえばスマートフォンサイトの運用には大きく以下の2通りがあります。

1.PCサイト用CMSでコンテンツを一元管理した上でスマートフォン対応する
2.PCサイトとは別にスマートフォン専用CMSを使う

1.PCサイト用CMSでコンテンツを一元管理した上でスマートフォン対応する
こちらの方法では、実際の対応方法としてはレスポンシブ、コンバーター、テンプレートによる振り分けが挙げられます。
メリットとしてはコンテンツを一元管理するために、更新や修正は1度で済むことです。もし別々に管理する場合には大規模なサイトになるとかなりのリソースが必要になります。
デメリットとしては、基本的にPCと同じ内容になるため、スマートフォンの特性を活かした情報発信としては専用サイトに比べ弱い部分があるでしょう。

2.PCサイトとは別にスマートフォン専用CMSを使う
こちらの方法では、基本的に専用サイトをPCとは別途作ることになります。また専用サイト以外にもネイティブアプリやWebアプリで情報発信するケースも考えられます。
メリットとしては、PCとは別に管理を行うため、モバイルに特化した、UI・情報発信を提供できることです。
また、確認の手間やコストを下げられることや、ネイティブアプリとの連携できることも強みです。
デメリットとしては、PCと別に運用の時間・コストがかかることがあげられます。

コーポレートサイトをマルチデバイス対応したいという場合など現在多くのサイトで実施されている対応は1.のケースでしょう。
しかしながら、マルチデバイス対応したはいいが結局なかなか効果を得られない、デザインがいまいち、といった問題も起こりがちです。
これは制作側と担当者の間でマルチデバイス対応の時間とコストについての感覚のギャップがあるということが挙げられます。

運用コスト削減を考えコンテンツを一元管理したが、結果的に構成やデザインの修正に時間がかかり開発コストが大きくなってしまった、、というような場合には、実は2.のスマートフォン専用CMSを使い専用サイトを立ててしまうという方法のほうが開発コストも運用コストも下げられる場合があるのです。

CMS比較.comでは、モバイル専用CMSでは「Smart Krei」と「Qlete」の2製品を掲載しています。

Smart Kreiはフィーチャーフォン、スマートフォンに完全対応しており、モバイル特有のUIを簡単に実装することができます。また、会員管理やアクセス分析の機能も充実しており、モバイル向けコンテンツプロバイダを主として多くの導入実績があります。

Qleteはスマートフォン専用CMSで、フリックのスライドなどスマートフォンに特化したUIを簡単に実装できます。また、テスト公開で本番公開前に実機検証ができ、企業向けの利用を考えた使いやすいCMSです。

以上マルチデバイス対応についてCMSという観点からの記事でした。マルチデバイス対応をお考えの方のご参考になれば幸いです。