独自ドメインで短縮URLを運用する

WEBサービス

話と、スカートの丈と、URLは、短いほうがよい、ということで短縮URLのお話です。

bit.lyとか。
goo.glとか。
p.tlとか。
いろいろありますね。

主に、
・SNSでのリンクの拡散
・メールでのリンクの拡散
とかが目的ですね。

でもURLが短くなるのはいいけど、以下のようなデメリットもあります。
・元々のURLがわからなくなる(信頼された送り元でないと押しにくい)
・メールの場合スパム判定される場合がある
・外部サービス依存なので知らないうちに取得したURLが使えなくなる可能性がある

また、個人的な拡散ならあまり気にすることはないですが、
ポータルサイトやサービスサイトからユーザー向けに告知を行いたいときなんかは、
やっぱりbit.lyとかより独自ドメインで運用したいよねって話。

解決策は2つあります。

1.bit.lyの独自ドメイン設定機能をつかう

bit.lyは独自ドメインが設定できます。
ここでもさらに2通りの設定パターンがあります。

前提として、とりあえずbit.lyのアカウントを取得してください。

1-1.すでに運用しているサイトのサブドメインで短縮URLをつかう

たとえば、example.comというドメインでサイト運用しているとしましょう。
これに、s.example.comというサブドメインを設定して、そこから、

http://s.example.com/2ksy5w

というような短縮URLを設定できるようにします。
まずは、example.comのDNS設定で以下のCNAMEレコードを追加します。

エントリ名:s.example.com
種別:CNAME
値:cname.bitly.com

これで、s.example.comにアクセスすると、cname.bitly.comに飛ぶようになります。

bit.lyにログイン後、
Settings->ADVANCED->Custom Short Domain->Personal
をクリックしてください。

shorten01

商用利用はBusinessっぽいけど、いろいろフォーム入力を求められるのでとりあえずPersonalで

shorten02

実際にs.cmshikaku.comで設定してみます。
addをクリックすると、

shorten03

認証画面にとびます。
Verifyをクリック。
ちなみに、Start Overはやり直しという意味だそうです。

shorten04

認証してるからちょっとたったらClick hereといってます。
DNSの設定がうまくいってれば下記のような画面に。

shorten05

設定画面に戻ると、

shorten06

ちゃんと設定されてますね。

あとは、がんがんURLぶっこんでShortenしてくだしあ。

http://s.cmshikaku.com/1k8cNt1

こんな具合だす。

1-2.短縮URL用に新しくドメインをとる

s.example.comじゃ長い!長すぎるよ!
って人は、短いのとってください。
exm.pl
みたいなの

ドメインを短縮URLにしか使わないよって場合は、CNAMEレコードじゃなくてAレコードにbit.lyのIPを設定しちゃいます。

エントリ名:exm.pl
種別:A
値:69.58.188.49

こんなかんじ。
あとは、1-1の設定と同じだと思われます。
※検証のためだけにドメインはとれませんすみません。

2.短縮URL生成プログラムをインストールしてつかう

1.の方法だとDNS設定さえできれば比較的簡単に独自ドメイン運用ができます。
けど、外部サービスよりは、独自でプログラムもって運用したほうが安心って場合もあります。

フリーの短縮URL生成プログラムはいろいろあるみたいですが、とりあえずメジャーっぽい

YOURLS
http://yourls.org/

をつかって検証します。

インストールの流れは、
1.ファイルの用意
2.DB設定変更
3.configファイル変更
4.サーバーにファイルアップロード
5.インストールプログラム起動
となります。

2-1.ファイルの用意

YOURLSはGithubにて配布しているので、こちらからファイルをDLしてきます。
https://github.com/YOURLS/YOURLS/releases

01

2-2.DB設定変更

DBにyourlsのためのDBを用意します。

CREATE DATABASE yourls;

こんなかんじで

2-3.configファイル変更

userディレクトリ内にconfig-sample.phpというファイルがあるので、これをコピーしてconfig.phpとします。
さらに、config.phpの設定を下記のようにします。

//10行目付近
/** MySQL database username */
define( 'YOURLS_DB_USER', 'DB接続ユーザー' );

/** MySQL database password */
define( 'YOURLS_DB_PASS', 'DB接続パスワード' );

//30行目付近
/** YOURLS installation URL -- all lowercase and with no trailing slash.
 ** If you define it to "http://site.com", don't use "http://www.site.com" in your browser (and vice-versa) */
define( 'YOURLS_SITE', 'インストールディレクトリまでのURL' );

2-4.サーバーにファイルアップロード

まるごとインストールディレクトリにアップします。

2-5.インストールプログラム起動

インストールディレクトリのURL/adminでアクセスします。
あとは画面に沿って設定していけば完了です!

最後のほうで力尽きた感がありますが、気にしないでください。