CMSとしてのTumblr

CMS全般 WEBサービス 編集部注目のCMS

Tumblrとは

みなさん、Tumblrというサービスをご存知でしょうか。

Tumblr(タンブラー)は、メディアミックスブログサービス。ブログとミニブログ、そしてソーシャルブックマークを統合したマイクロブログサービスである。アメリカのDavidville.inc(現: Tumblr, Inc.)により2007年3月1日にサービスが開始された。
2011年3月から日本語ベータ版の提供が開始されている。

wikipediaより

要するにブログとSNSをあわせたようなサービスなのですが、日本ではここ最近で話題にあがってくることが多くなったように感じます。

Web-Designing--2013年8月号
http://book.mycom.co.jp/wd/2013/08.html

Web Designing8月号でもTumblr特集が組まれている。

個人利用から企業利用へ

これも各方面で言われていることですが、Facebookページなどを企業が活用するようになってSNSを活用しようという企業が増えたのか、Tumblrを自社メディアとして使ってみよう!という企業が増えてきています。

とりあえずまとめ

Tumblrで作った有名人・企業・ブランドの公式サイトまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2131331863351860401

シックスアパートさんもやってるんだ。

こんなものもあります。

アイアクト非公式おにぎりTumblr
http://deralian.tumblr.com/

食べたおにぎりの写真をあげるだけの完全非公式Tumblrです。
企業ブランディングとはまったく関係がありません。

CMSとしてのTumblr

企業のSNS活用は昨今よく話題になりますが、そのほとんどが、FacebookとTwitterでしょう。では、TumblrがFacebookやTwitterと違うところはなんでしょうか。

一言でいうと、TumblrがCMSの要素を兼ね備えているということだと思います。

1.テンプレート機能

Tumblrにはテンプレート機能があります。Tumblrでは「テーマ」と呼びますが、基本的なフィールド入力の機能や投稿のループ表示などCMSに近いことが実現できます。
これによって、ただ、タイムラインに文章や画像を発信させるだけでなく、デザイン性の高いメディアを持つことができます。

2.ユーザー管理ができる

Tumblrにはグループブログという機能があり、管理者とメンバーを分けて運用することができます。
承認機能はありませんが、非公開設定にしておき、管理者に確認・公開してもらうといった運用が可能です。

3.公開日時を自由に設定できる

Tumblrの投稿には、
・すぐに公開
・予約投稿に追加
・予約投稿日
・下書きとして保存
・非公開
の5通りがあります。公開予約ができるSNSはほかに知りません。

4.SNS連携

TumblrはFacebook、Twitterとの投稿連携設定ができるため、既存のSNSアカウントと連携して情報拡散力を高めることができます。また、Tumblrへの投稿は各アプリが対応していれば、簡単に連携ができます。特にInstagramなどの写真アプリはTumblrとの相性が良いです。

5.独自ドメイン

Tumblrは独自ドメインでの運用もできます。これも他のSNSにはない機能です。

6.Googleアナリティクス連携

TumblrはGoogleアナリティクスで解析することもできます。テンプレート機能に関連する特徴ですが、GAで解析ができるSNSは他にはありません。

7.豊富なAPI

Tumblrは外部から利用できるAPIを多く用意しています。投稿内容を引っ張ってきたり、ユーザー情報を取得することもできます。これによって既存のCMSとの連携もできます。

他にもある気がしますが、ざっと特徴的な機能を挙げてみました。
いかがでしょうか。

これがどういうことかと言うと、
・テンプレートがあるのでSNSよりはガイドラインを保ちやすく、
・デザイン性が高いのでブランディングという観点でも企業が使いやすく、
・CMSに近い管理機能が無料で使える。

というところにまとめることができます。

Tumblrのゆくえ

Tumblrがすごい!ということを言ってきましたが、この先Tumblrが既存CMSにとって代わるかといえば、そういうわけではないと思います。

個人的に文章を書くブログとして使おうとしたことがありますが、入力欄はFacebookやTwitterのように小さく、また、エディタも一応WYSIWIGが付いている程度なので、長い文章を書くにはストレスがあります。

Tumblrの使い方として、一番有効だと思うのは写真ブログです。
企業で使うなら、店舗の様子とか、新商品の写真とか、展示会の様子とか、または、イラスト的なものなど、定期的にシリーズ化できる写真コンテンツがある場合には非常に強力なツールとなりえます。
上にも書きましたが、Instagramなどは簡単にTumblrへの投稿連携ができるため、手軽に写真を加工してTumblrに投稿といった運用が可能です。

Tumblrはまだまだ発展途上なので、これからどんどん新しい機能も出てくると思いますが、やはりどういうサイトに使うかで活用できるかできないかが変わってきます。
ただ、個人で使う分にも非常に面白いツールだと思いますので、使ってない方は是非使ってみてください!
(そしてアイアクトおにぎりTumblrをフォローしてください。更新は気が向いたらします。)