当サイトはCMS(コンテンツマネジメントシステム)を導入するための比較検討サイトです

文字サイズ

ひかくちゃん

企業のWebマスターのためのCMS比較サイト

My比較リスト

  • CMSを比較
  • CMS基礎知識
  • CMS導入ポイント
  • CMS構築の現場から
  • CMS導入成功事例
  • CMS一覧
  • CMS導入相談窓口

CMS基礎知識

CMSとは

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムの略で広く言えばコンテンツ(文書、画像、音声、映像など)を管理するためのシステムを指しています。一般的にCMSと言う場合には、特にWEBにおけるコンテンツの管理システムを指すことがほとんどです。

WEBにおけるコンテンツ管理システムをわかりやすく言い換えるとしたら、WEBサイトの更新・管理ツールというような表現になるでしょうか。最近のCMSは非常に多機能であるため、まったく知識のない人がみると一体何のためのシステムであるのかわかりにくいかもしれません。CMSに共通して言えるのは、WEBの専門知識がなくてもWEBサイトを簡単に運用できるということが元々のコンセプトであるということです。

CMSは汎用的なものから、特定の目的やWebサイトの種類に特化したものまで様々です。
そのため製品を選択する際には、まず目的やWebサイトで実現したいこと、コストやスケジュール、将来的な可能性ををある程度明確化することが重要です。

なぜCMSを利用するのか

CMSを利用することで、コンテンツ制作や管理の方法はどのように変化し、どのようなメリットを得られるのでしょうか。膨大なコンテンツを常に最新の情報に更新・追加していく作業は多大なコストを必要とします。特に企業では関係部署より原稿を集めて、HTML化、ナビゲーション修正、リンクの張り直し、CSS調整によるデザイン修正、これらの後の確認修正の繰り返しといった作業にWEB担当者の時間と労力が日々費やされている現状ではないでしょうか? これらのような、コンテンツ制作と管理における多くの悩みがCMSの利用により解消され、誰もがWEBサイト運営に携われるようになります。

CMSはたくさんの機能を備えており、たとえば、HTML化に必要なタグを知らなくても簡単にコンテンツの生成が可能になります。デザインを変更せずに文章や画像を修正することや、リンクやナビゲーションが自動で生成されるようになり、コンテンツ制作に費やす時間が大幅に短縮されます。このように、WEBコンテンツ作成の知識が無くともコンテンツを管理できるようになることがCMSの魅力の一つです。加えて、CMSはその機能を用いて編集あるいは更新できるコンテンツを制限できます。権限が無ければコンテンツを編集できないので、誤った作業を防止し、安全なコンテンツ管理を実現するのです。

このように、CMSを利用することで多くの人が簡単かつ安全にWEBサイト運営に携われるようになり、その結果、TCO(総所有コスト)を大幅に削減することが可能になるのです。

CMSの仕組み

CMSはどのようにしてWebサイトの編集・管理をおこなっているのでしょうか。CMSはサーバーサイドのプログラムで、基本的にサーバー上で動作します。開発言語はphpやJava、.NETなど様々な言語でつくられていますが、どのCMSもページ作成画面で入力した内容を自動的にHTML化しWebサイトに反映させるといった機能に違いはありません。通常のWebサイトはサーバー上にありますので、サーバー上のプログラム(CMS)がそれらに直接手を加えて書き換えるイメージです。

CMSは基本的にテンプレートという雛形にテキストや画像などを埋め込みWEBサイトを構築していきます。ページ全体のレイアウトやデザインなど、更新時に大きな変更の無いものはテンプレートとして使いまわし、コンテンツの中身を差し替えるだけで更新が完了します。HTMLやCSSの知識が無くとも、新しい文章や画像をコンテンツに直接組み込んでいくことが可能なため、容易にコンテンツを管理できるのです。

商用 or オープンソース

CMSには多くの種類があります。
その中でもっともわかりやすいものがオープンソースか商用かというカテゴリ分けです。

商用CMSなどには基本的にそれを使用するためにライセンス費用というコストがかかります。対してオープンソースCMSにはライセンス費用が必要ありません。そしてその名のとおりソースコードが公開されています。まとめると以下のようになります。

商用

ライセンス費用がかかる。
ほとんどの製品で、メーカーや販売会社のサポートがある。
ソースコードは非公開の場合が多い。
CMSの開発・販売だけでなくWEBサイト自体の構築も提供している場合がある。

オープンソース

ライセンス費用なし。
小規模から大規模まで製品によって様々。
サポートは基本的にない。
ソースコードが公開されている。
ユーザーコミュニティなどで有志が開発を行っている。海外のものが多く日本語の情報が少ないことがある。

商用にもオープンソースにも一長一短があり、構築するサイトによって商用が向いているかオープンソースが向いているかを選ぶことになります。コストを抑えたくても、オープンソースCMSにほしい機能がなかったり、逆に高いコストで商用CMSを導入しても使いこなせず機能を生かしきれない場合もあります。

CMS比較.comでは商用、オープンソース含めて比較できますので是非ご活用の上最適なCMSをご検討ください。

CMS比較.comでご紹介している商用CMS

CMONOS.jp
CMS Designer
CROSS STEP スタンダード
CROSS STEP Pro
CROSS STEP パブリッシュ版
HeartCore Professional Edition
HeartCore Enterprise Edition
HTML5 CMS - Web Meister Standard Edition Lite・SaaS版
HTML5 CMS - Web Meister Standard Edition・SaaS版
HTML5 CMS - Web Meister Standard Edition・サーバーインストール版
HTML5 CMS - Web Meister mini
MovableType 5
MovableType Advanced
MovableType EZ
NOREN Content Server
PowerCMS スタンダード
PowerCMS プロフェッショナル
PowerCMS エンタープライズ
PowerCMS アドバンスト
Qlete
Smart Krei
vibit CMS 6 ライト
vibit CMS 6 スタンダード
vibit CMS 6 アドバンス
vibit CMS 6 エンタープライズ
writeWired CMS Platform

CMS比較.comでご紹介しているオープンソースCMS

Drupal 7
joomla2.5
joomla3.0
WordPress 3.2日本語版
XOOPS Cube Legacy 2.2
XOOPS X

静的か動的か

CMSのファイル出力方式には、静的にファイルを出力するものと動的にファイルを出力するものと大きく分けて2種類の方法があります。静的なCMSは、管理画面からページをつくると公開サーバーにHTMLファイルを生成します。ユーザーはこのあらかじめ生成されたHTMLファイルにアクセスすることでWEBサイトを閲覧することになります。

対して動的CMSは、あらかじめHTMLを生成するわけではなく公開サーバーもしくはCMSサーバーにユーザーがアクセスした際にHTMLを自動的に生成し表示させます。ここで、両者のメリット・デメリットを挙げてみます

静的CMS

1.メリット
サイト閲覧については、CMSを入れていないWEBサイトと同じなのでレスポンスが軽い。
CMSサーバーが落ちても公開サーバーが動いていればWEBサイトを見られなくなることはない。
基本的にHTMLをすべて自由に変更できるためカスタマイズ性が高い。

2.デメリット
すべてのユーザーに同じHTMLを表示するので、ユーザーの情報で見せるページを分けたいときにはJavascriptなどで対応しなければならない。

動的CMS

1.メリット
ページを動的に生成するため、ユーザーごとに見せる情報を変えることができる。複雑な開発を必要とする動的なコンテンツを簡単に実装することができる。

2.デメリット
サーバーにアクセスするたびにCMSのプログラムがHTMLを生成するので、単にHTMLを表示させるだけよりもサーバーにかける負荷が高い。
多機能なCMSが多いが、その反面カスタマイズ性に制限がある場合が多い。

以上のことを簡単にまとめると、静的CMSは開発次第でいくらでも機能を拡張することができると言えます。当然開発にはプログラミングなどの専門知識が必要になり、開発会社に依頼する場合には予算も高くなります。しかしながら、大きく複雑な企業サイト・ポータルサイトや、外部のシステム(たとえば社内システム)と連携させるなどの大規模で柔軟性が求められる開発には静的なCMSが向いています。

動的CMSは、簡単に使える便利な機能を豊富に用意しています。柔軟性が求められる開発には合わない場合もありますが、コーポレートサイトなどでリリースを発信するようなある程度決まった型の中で運用するのであれば、簡単に取り扱える動的CMSが向いています。

CMS比較.comでご紹介している静的CMS

HTML5 CMS - Web Meister Standard Edition Lite・SaaS版
HTML5 CMS - Web Meister Standard Edition・SaaS版
HTML5 CMS - Web Meister Standard Edition・サーバーインストール版
HTML5 CMS - Web Meister mini
MovableType 5
MovableType Advanced
MovableType EZ
NOREN Content Server
PowerCMS スタンダード
PowerCMS プロフェッショナル
PowerCMS エンタープライズ
PowerCMS アドバンスト
Qlete
vibit CMS 6 ライト
vibit CMS 6 スタンダード
vibit CMS 6 アドバンス
vibit CMS 6 エンタープライズ

CMS比較.comでご紹介している動的CMS

CMONOS.jp
CMS Designer
CROSS STEP スタンダード
CROSS STEP Pro
CROSS STEP パブリッシュ版
HeartCore Professional Edition
HeartCore Enterprise Edition
Drupal 7
joomla2.5
joomla3.0
WordPress 3.2日本語版
writeWired CMS Platform
XOOPS Cube Legacy 2.2
XOOPS X

マルチデバイス対応

マルチデバイス対応とは、コンテンツを色々なデバイスに対応させて、閲覧・利用できるようにすることです。マルチデバイス対応には、デバイスごとにコンテンツを用意する方法と、ひとつのコンテンツを別の変換ロジックを用意することで様々なデバイスに対応する2つの方法があります。とくに、ひとつのコンテンツを様々なデバイスから利用できるようにすることをワンソースマルチユースと呼んでいます。

たとえば、ソーシャルメディアのTwitterはマルチデバイス対応されたサービスのひとつです。PCでも、スマートフォンでも、フィーチャーフォンでも、ブラウザでもアプリでも、レイアウトや操作方法に若干の差異はあっても、閲覧できるタイムライン(=コンテンツ)はまったく同一のものです。

現在はPCだけではなく、WEBサイトを閲覧できるデバイスは様々です。そのためPC以外でのWEBサイト閲覧の需要が高まってきています。PC以外のデバイスでサイトにアクセスしたときに、見たい情報がない、見にくいという状態では企業のイメージダウンにつながりかねません。

お客様が自社訪問する際に外で所在地の確認をしたり、学生が外出中に携帯電話で採用ページを閲覧したりといったシチュエーションは大いに考えられるでしょう。マルチデバイス対応はこれからますます重要になってくるファクターのひとつと言えます。

承認ワークフローとは

承認ワークフロー機能とは、ページを公開する際、事前に管理者に確認・承認をCMS上で得るための機能を指しています。
この機能を利用することで、運営者の役割分担を明確にするだけでなく、コンプライアンスやガバナンスの向上が見込めます。また複数のチェックが入ることで、誤ったコンテンツを公開する事故を未然に防ぐことが可能になります。

CMSの配布形態

CMSの配布形態は主として、パッケージ型とASP型(SaaS型・クラウド型)の二種に分類され、目的に応じてどちらかを選択することでパフォーマンスの発揮やコスト削減ににつながります。

パッケージ型の配布ではCMSパッケージをサーバーにインストールすることでその機能を利用します。ASP型(SaaS型・クラウド型)ではCMSがインストールされた社外サーバーを借り、その機能を利用することになります。両者のメリットとデメリットをまとめると次のようになります。

パッケージ型
CMSを自社サーバーにインストールするパッケージ型CMSの特徴です。

1.メリット
自社の管理するサーバ内で管理を完結できるため、用途の幅が広い。(例.CMSをイントラネットで利用)
カスタマイズやメンテナンスの日程調整等の自由度も高い。
冗長化構成に対応しやすいのも魅力。

2.デメリット
初期導入費、サーバー運用費、保守費が重なり、コストが大きくなる可能性が高い。CMSの利用環境を整えるための時間も多く要する。

ASP型
CMSがインストールされた社外サーバーを借り、その機能を利用するASP型CMSの特徴です。
ASP型の配布と一口に言っても、実際にはASP/SaaS/クラウドのようにサービスの利用形態が少々異なります。

1.ASP
ユーザー毎にシステムの環境が構築されている。ASP事業者がサーバーやDBの運用・保守、アプリケーションのバージョンアップ等を担っている。多くのASPは月毎に料金を支払う月額固定料金である。

2.SaaS
複数のユーザーが環境を共有している。サーバー、DBなどのリソースを共有できるため、WEB2.0的な、送り手と受け手が交錯する流動的な開発も可能。SaaSの料金体系はユーザー数に応じて課金されるユーティリティ型料金である。

3.クラウド
SaaSをより拡大させたサービス。SaaSが主にアプリケーション層のサービスの提供であることに対して、クラウドではストレージやサーバー、ミドルウェアといった領域までサービスとして提供している。

以上のように3点に相違点はありますが、細かな違いはそれほど重要ではないので、ここではASP型として紹介します。

1.メリット
サーバー管理を任せられるため手軽さがあり、初期導入、運用のコストを低く抑えられる。自身に必要なサービスだけを選択できるため効率的な運用が可能。

2.デメリット
サーバーが外部管理となるためシステム面での細かなカスタマイズが難しくなる。たとえば、イントラネットのようなクローズドなネットワークを構築することが困難。